読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

森羅万象から学ぶブログ

ブックオフさんありがとう

先日久しぶりにブックオフに行ってきました。最寄り駅の近くにあるんですがこれがなかなか広く楽しい空間でした。

 

読み終えた本2冊を持ってカウンターに行くと、400円と150円で買い取ってくれるとのこと。大した額じゃないけど古本1-3冊分くらいにはなる。書き込み等あまりしない人は読んで売るのも良い。何も考えずただ本棚に戻すよりは選択する過程を作るほうが絶対に良い。

 

その後100円文庫本コーナーでカフカの『変身』を発見。数年前に借りて読んでもう一度読みたいと思っていた。CDも適当に漁ったが特に面白いものは無く。

 

ブックオフの100円棚を見るといかに無駄な本がこの世に溢れているか分かる。何でもかんでも買って積ん読するんじゃなくて、ありふれた自己啓発書っぽいのばかり読むんじゃなくて、今の自分に合った本を一冊ずつ選んで読むのって大事だなーと思った。

 

他には高田純次の『適当論』や、中島義道の『孤独について』などを購入。やっぱり新書文庫100円コーナーは掘り出し物ありかな。CDはネットレンタルと図書館使って借りちゃう方が安くつくことが多い。

 

通販やKindle環境が整ってきた現代でも月イチくらいで行く価値はあるかなーと。プア充できます。